上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いそがしいんす。

週一ペースってなんじゃぁ!
とりあえず来週過ぎたら微妙に楽になると思うのだが…

今日は仕事が終わった後に道東管隊のミーティングに参加してきました。
どうやら僕は最後の1期メンバーらしい。

嬉しい話ではある。

でも、今日のミーティングに僕が顔を出してもいい状況だったのか…
そんな不安な中、会場に到着。

暖かい拍手で迎えてくれた。
ライブでは何度か拝見する方達もいるんですが、顔と名前が一致しない方もおりまして…

話はもっぱら練習、本番での…なんて言えばいいんだ…

あー…なんだ。

意識の統一?いや、なんていうんだろぅ本当に。
まあ、チューニングの徹底とかそいうった話が主。

そりゃそうだ。

皆さんプレイヤーなんですから。

だから余計に僕がいても…などと思ってしまうんですが…
でも、ありがたい事にみなさん少なからず僕の事を認識している方もおりまして…

そんな矢先アキラも到着。
そう、アキラも道東管隊。
アキラがいたから、僕もなにかこの集団に関わっていきたいなと思った訳で…

もちろんいままでそんな事を思う事は無かった。

第一に民族楽器や音楽に興味はあるし、仕事としても音響に常に携わっているけど、「演奏」はできない。
音はならせるが演奏をした事なんて結婚式でEWI吹いたきりだし…
なのでそういったバンドに参加してみたいとか思った事も無かった。

だけど、アキラがいる道東管隊を見ていると、よくあるバンド以上の可能性を感じる事が出来たんですよね。

演奏があって、盛り上げ役がいて、かけ声があって…

どんどんいろんな事を吸収しつつ表現していることに。

ならば映像も「あり」かもと思った訳で。

音も目の前にいる演奏者も含めて、その先にある映像があって、空間そのものが一つの「音楽」を表現できるかなぁって。
それはずっと芝居をやってきた感覚から来ているものかもしれない。

役者がいて、舞台セットがあって、その場に合わせた照明や音響、そして映像やダンスや表現できる様々なものをつかって一つの芝居を会場にいるお客さんと一つの共有意識を作り上げてく…

ていう感じ。
実際はそんな理想の高い事やってる訳ではないけど。
でも、理想はそこにあったりして…

それとベクトルは全く違うんだけど似た感覚があったんですよね。

もちろん、もっとまともに馬頭琴が演奏できるようになれば、参加してみたいという夢も持ちつつ…

そんな事を考えていながらも、話はそんなに出来なかったのが残念。
まあ、次回にでも…ね。

さ、寝るか…今日のところは。
スポンサーサイト

うむ…

訪問させていただきました^^
私からしてもアキラ氏やVJshuさん、他の方々、管隊の重要なメンバーだと思ってます!
いつになるかわかりませんが、次回の本番時にどういう仕掛けをするか…
楽しみにさせていただいております!
2006/10/10 12:44 |( ゚Д゚)y-~~TAKA #-URL[ 編集 ]

あざ~す!

そう思っていただいて嬉しいっす。
岡谷んに言われた演出含めての舞台担当もやっていきたいと思います。
せば、( ゚Д゚)y-~~TAKA さんて僕の高校の先輩でもあるんですよね?
ほんと、世間って狭いっすよね~
2006/10/11 12:41 |shu #-URL[ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。