上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は仕事が終わった後に芸術館で行われた「車田マサミ」さんのライブを手伝いに行きました。
車田さんはフラメンコのヴォーカリスト。
ですが(詳細はわからないのですが)数年前に難病に冒され、少しずつ体の自由がきかなくなってきているそうです。
一度は唄の活動も出来ないほどに体力的にも精神的にも落ち込んでいたのですが、去年お仲間たちの励ましもありまして、復活して定期的にとはいきませんがライブをしているようです。

すみません、あまり詳しい事は知らないのにこんな事を書いてしまいしました。

しかし、病状は変わらずのようで、体力的にも5~6曲が限度という事です。
それでもライブをするなんてすごいバイタリティの持ち主ですが…

で、ライブを盛り上げるべく、「反射神経研究会」「ヒートボイス」「ブロスティックス」の方たちも参加。
これはこれで豪勢なライブとなりました。

1ヶ月ほど前に照明でお願いされていたのですが、仕事のために断っていたのです。
どうせ任せていただけるなら朝から入ってちゃんと照明を仕込みたかったですしね。
でもそれが出来ないのなら最初から会館に任せた方がいいのではと思いまして。

仕事はお隣の国際交流センターでのバラシ。
移動前に芸術館に連絡して、学芸員の○地さんに確認してみる。

s「どうも~今日のライブの照明ってなにか言われました?」
○「あ、はい。とりあえず使えるように用意はしました。」
s「照明担当の方っていないと思うんですけど、○地さんやられるんですか?」
○「あ、なんか照明担当の方はいるみたいという事ですので」
s「あ、そうですか。じゃあいいのかな…どうもでーす」

なら大丈夫かな。さて、国際交流センターに移動。
まだ本番が終わっていなかったので、ちょっと芸術館に顔を出してみる。

ちぃ~す!
と、いつもPA担当の秋さんにご挨拶。

s「今日って照明の方は?」
そう聞くと、
A「え?いないよ。このままじゃないかな」

は!?

おいおい、照明担当がいるんじゃなかったのかよ!

s「え?じゃあ、照明って会館の方で事前に仕込んでました?」
A「どうだろう?でもフェーダー上げればいろいろとつくよ」

…その話もどうかと思ったが…

試しにフェーダーをチェック。

…!!…?…??…

なーんにも振り分けて無いじゃん!
シュートもしてないから大きさもバラバラ…
しかも球切れの機材はそのまんま…

ふ…ぅざけんなよ!○地!

なぁにが「とりあえず用意しましたよ。」ですか!
…んもう~

隣に戻らなきゃいけないので時間がないのだが、パッチを変えてなんとかできるようにしておく。さ、戻るか…

仕事が終わって芸術館に入ると…客入れが始まっていた。

遅すぎた。

あとはもう本番しながらお客さんに気づかれないで手が届く機材だけでも曲の合間にシュートをかける。

あ、ピンぐらいあれば何とかなるな。

そう思い、すかさず調整室の上に行って結線。そして下に降りてパッチ。
また上にいって位置合わせ。

反射さんとヒートヴォイスさんのときは、ドラムのりょうさんがピンをたいてくれたので助かったんですが、さすがにブロスティックスからは1人で調光とピン。


kurumada01




あーソロだよ。
といっては上に上がってソロにピンを当てて、
ソロが終わりそうならそのまま下に降りてフェーダーを下げる。
その繰り返し。

はぁはぁ…

そんな感じでいよいよ車田さんの搭乗。
それなりにびしっと決めてやるか!


と、思っていたんですがピアノの方が「リハーサルのときの明るさがいいわ…」
と、ボスに進言。

リハーサルって…
ただ天井のダウンライトが点いていただけじゃん…

はぁ~

ま、プレイヤーの意見を尊重しましょ。

せめてピアノトップがあればなぁ…

いつまでも唄をうたってくださいね。車田さん。
お疲れさまでした。

kurumada02




…それにしてもしっかり管理してくださいよぉ。
球切れの機材もそのままなんてありえない!
貸し館してるんだからさ!
照明だっているとは聞いててもなにもタッチしないのかい?
あきらかに現場に立ち会ってない証拠だよな。
大丈夫か?
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。