上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は送別会。
いろいろな事情がございまして、通常設定されるはずの2次会は今回はありません。

なので、1次会が終わった時点で次にどこに行くのかが決まらないまま…

末広まで結構な人数で歩いていたのですが、途中残っていた臨職の人たちと連絡を取ってるうちに一個小隊から離脱。
いや、はぐれた。

残ったのはびるどだけ。

まあ、今連絡した人たちと合流することになったのでしばらく待つ。
それなら…と。
次の店は昨日も行った「QueenVictoria」
まずは4人で乾杯。

途中、職場の人から連絡。
「いま、焼き肉食べてるので後で行きま~す」
…焼き肉って…
いま、何を食べてきたのさ!!と突っ込みどころ満載の行動。

20分ほどで、合流してそのまま11時近くまで飲んで帰りました。
あ~満足です。
あ、帰りにラーメンもね。
うまいんだ、えびす屋の味噌。

----------

で、今日もお休みなのさ。

でも昨日はどこにも連れていかなったので、今日は遊学館に行くことにしました。

久々の遊学館。

子供たちはネットの遊具が好きらしい。
もう小一時間経つというのに、まだ遊んでる。
もう、汗びっしょりだし。

でも、この建物自体中途半端なコンセプトであることは否めないな。
科学館の後を継いでることは継いでるのだが、科学館の役割を持ちつつ子供たちが体験する、学ぶ楽しみを知るといったところまで掘り下げるには、設備の物足りなさを感じるのは僕だけではないはずだ。
どこかで何らかの歯止めがかかってる気がするのですよ。
いろんなところ…というかいろんな意見を聞いてるうちに、あっちはこういうことがした、こっちはこういうことがしたい。
でも、こっちをこういう風にしたらあっちはなかなか難しい。
じゃあ、こういう感じでいけばどっちの要素も取り入れてるよ。…って。

そんな感じのする建物。

かなり苦労したと聞いてますが…

大変ですよね。
結局市民の建物なのが第一前提にありながら、全てを受け入れられるわけがないところに矛盾が生じてる。
もっと方向性の狭いコンセプトの方が膨らませれたりして…

旭川や新さっぽろや横浜の科学館はそういうことに関しては成功してるように僕は思いますが…

それでも、子供たちが喜んでる施設には変わりないですけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。