上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕の後輩でもあり友人でもある「杉澤和哉」(すぎさわかずや)が7月に作家デビューすることとなった。

彼とは高校からの付き合い。
とはいっても年に何回も会うことはない。
だが、会えばその時間など無いに等しい。

学生の頃から小説を書いているのは知っていたし、僕が劇団をしている時にも一度劇団のために書き下ろしを書いてもらったこともある。
知っている人は知っている。

「Go Die Go」

その彼がとうとう作家デビュー!!

詳しくはナナブックス http://www.nana-cc.com/index.php
のページ右下の「大江戸痛快時代小説」バナーからいくと詳しいことがわかります。

あらすじを見るとわかる人が見ればわかっちゃったりするのですが…
どこかで見たことある名前もちらほら…誰が誰だか…ねぇ~

ちなみにその彼は今も某ホテル最上階のラウンジでバーテンダーをしている。

発売は7月24日予定。全3部作で第一弾は「こんたん」
みんな予約をクリック!!
スポンサーサイト

パソコンが使えません、
本屋さんでも予約して購入可能ですか???
2007/06/11 01:59 |URU #-URL[ 編集 ]

おし!

そうですね。普通に本屋さんでも売ってると思いますので。
そちらからでもいいと思いますが。
2007/06/11 07:56 |shu #-URL[ 編集 ]

お疲れ様です。ご紹介ありがとうございます。してもらっといてなんですが、発売は延びる可能性大です(笑)。
直前に行った読者アンケート調査の結果をうけて、校正や営業が入るんですよね。売れる見切りがつくまで、出版社は粘りますからね。
なので、もうしばらく見守ってください。ネット使える人は、出版社のブログなどで経過をチェック!していただけると・・・。

話は変りますが、私にとって修司先輩という御仁は色々とまあ思い出は尽きません。私が今でもつい先輩と呼んでしまう人は五指に満たないのですが、その一人でございます。

さてさて、先日の作品にしてほしい話というのは、私が見た夢が元ネタです。えらくリアルな5つくらいのシーンが、よくもまあ順序良く展開されまして、
それに目が覚めてから補完を加えたものなんです。
80年代くらいを背景に、青春剛速球みたいな感じなんですけどね。
ただ、ケータイもなかったあの時代を一緒にすごした人間の一人として、私は勝手に、修司先輩はそのあたりのセンチメンタリズムやロマンを、作品の材料として共感してもらえると決め付けておりまして(笑)。
本の発売が延びそうでへこんでいる時に、修司先輩やアキラのことは本当に励みになっております。ああもう、誰かの作った何かを見たい!感じたい!
そんなわけで(何がだ)・・・修司先輩、ホント近いうちにお話しましょうね!

「Go Die Go」って、杉澤君作だったの!?

出てたのに知らなかった・・・。

ごめん。

とにかくおめでとうだね~(m~ー~)m
楽しみにしてるわあ♪

そういえば、全然会ってないなあ、杉澤君に。

いつだったか酔っ払って杉沢君ちで寝たっけ・・・。
2007/06/11 19:26 |サキ #-URL[ 編集 ]

おお。

いよいよなんですね!!!
2007/06/11 23:04 |とらん。 #-URL[ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。