上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近頃、よくこの言葉を思い出す。

「シェアリング」

ちょっと前に「ワークシェアリング」という言葉が巷にあふれた。

雇用確保の為に、一人当たりの勤務時間を減らしてより多くの人材を確保して雇用の拡大を図るという動き。

でも、そんな言葉はあっという間に聞こえなくなった。

今はより支出を減らすために人材はそのままで勤務時間を減らす方向に行っている会社が多い。

全てがよくない方向に流れていると感じる。
働き口を選り好みして結局働かない人もいれば、経営が傾いて賃金を出し渋る企業もいる。
年金を払わない人もいれば、税金を払わない人も、子供の給食費や保育料を払わない人もいる。
お金に対する価値観や使い方がどうも違う気がする。


…まあ、そんなことを評論家ぶって書いてもしょうがないのだけど。

で、今の自分はというと

「タイムシェアリング」実施中!

といったところか。

結局1日は泣いても笑っても24時間しかない。
そのなかで仕事はしなきゃいけないし、ご飯を食べなきゃいけないし、家族サービスはしなきゃいけないし、お風呂にも入らなきゃいけないし、何より寝なきゃいけない。

まず寝ることが1日の中で大切なことだと僕は思う。

この仕事に変えてから、寝るのはだいたい3時から4時になった。

もちろん、起きるのは7ちょい過ぎから8時前までの間には起きる。
起床時間は変わらないのに睡眠時間は半分になった。

これで体が何ともないはずはない。

で、時間があれば少しでも仮眠をして1日の中でトータルで6時間くらいは寝るようにしている。

…とは言ったものの…

そんなに実践できてる訳でもない。

仕事もそう。

1日にできる時間は限られている。

しかもやらなきゃいけない仕事は1つだけじゃない。

1つなら1日いっぱいそれだけをしてればいいのだけれど…

結局はその発想から寝る時間も目的時間まで確保しようということに行き着いた。

じゃあ、びっしりやって1時には寝るようにすればいいじゃんと考える人もいるかもしれない。

よくいうでしょ

「歴史は夜作られる」

まあ、そんなに大げさではないんだけれど、夜の方が不思議と作業がはかどるのですよ。
なので普通に3時か4時、ともすれば朝まで作業してしまう。

だからこそ睡眠は大事です。

…と、思うのですわ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。