上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの秘密が解明されようとしているらしい!

ここ!

そう!恐竜のオリジナルの色がわかるかもしれないという記事が出てたのです。

記事によると、1億年前の恐竜時代の羽の化石を電子顕微鏡を使って分析することで化石の中に、当初は化石化したバクテリアだと思われていた構造部分が、実はメラニン色素を含む細胞「メラノソーム(melanosomes)」であることを発見。メラニン色素の構造は数百万年から数億年が経過しても化石化することで原型を止めることが可能なこと、更に、化石化メラノソームの構造を分析することで、オリジナルの色がどのようなものだったのか、判別することに成功した。羽に覆われた恐竜の皮膚組織の保存状態の良い化石が見つかれば、化石化したメラノソームの構造を分析することで恐竜はどのような色をしていたのか、解明することも可能だと述べている。

ということです。

いままでの映画、図鑑、テレビ等で紹介されてきた恐竜の色は、実は…というかもちろん創造の色。
今生きてる生物を参考に、あまり現実離れしない色合いで表現してるだけに過ぎないのです。

それが、とうとう本当の色がなんだったかという事がわかるかもしれない。

そう考えただけでぞくぞく来ますね!


医師がすすめるジュニア枕【コピロ(copilo)】(色:ブルー)
医師がすすめるジュニア枕【コピロ(copilo)】(色:ブルー)すくすく育つ小学生、だから自分で高さを調節できるようにしました。側生地には子供の首と頭に優しいキルト仕上げ。形状は肩・首に...・・・続きはこちら

販売価格:¥5,250(税込)獲得ポイント:5P

カートに入れる 商品詳細ページ
スポンサーサイト

へぇぇ

恐竜の色が分かる時代になっちゃったわけですか。

想像上の色なのは知ってましたけど、まさか解明に向かってたとは・・・
2008/07/15 22:21 |岡やん@音キチ館 #IfVxpOpIURL編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。