上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロムチューンというものがある。

今の車というのは、コンピューターが燃調やら排気口率やら挙げ句にはサスペンションの具合までをコントロールして、快適な運転環境を作り出してる。

一昔前みたくキャブの調整がどうのとか、ここをああしたら燃費がよくなったとか。
そんな心配は、普通の車に乗ってる人には無くなってるのです。

ま、レースに出る車はそうはいかないわけで…

で、今回ある車のECU(コンピュータのことね)に追加ロムを取り付けることを頼まれましたので、その作業日記を。

ECU01


これが車に着いてるコンピュータです。
開いてみると以外にスカスカ。
まあびっしりと言う方が珍しいですが。

で、これが今回の追加ロム。

IC01



この中に今のチューンした内容と照らし合わせた新しいデータが入ってる。

で、これをどこに取り付けるかと言いますと…
下の赤い丸の部分。

ECU02



裏から見てます。

近くによるとこんな感じ。

ECU03



既にハンダが乗ってるので、まずはこれを取り除かないとロムがはまりません。

ハンダのスポイトがあればもっときれいに素早く出来たのですが、あいにく持っておらず、導線タイプのハンダ吸い取りグッズを使用。

これがなかなか吸い取れないのですよ。

素早くやらないと、ICは熱に弱いですから。
すっては冷やして、すっては冷やして。
ここが一番気を使う部分です。
一つだけ何をやっても吸い取れない穴がありまして、最後には画鋲でエイッと押したら、スポッと出てきました。

やれやれ。

ここで一旦休憩。
気がついたらもうお昼です。

3時くらいから作業再開。

ロムがはまっちまえば、あとはサクサクとくっつけるだけなので、15分もかかりません。
できた!

ECU04



表から見るとこんな感じに収まりました。

さて、どう変わるんでしょうかね。
楽しみです。
スポンサーサイト

見る人が見れば?!

すぐ解る、この箱!!f^_^;…さてさてどのくらい変化があるのか楽しみですね♪♪
でもその前に気の遠くなるような慣らしが待ってる…頑張って下さ~い!!
2006/04/22 20:20 |BattleBeat #-URL[ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。