上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、息子の今年度最後のホッケー練習日。
練習日と言ってもレクレーションに近い。
父母チームと子供たちとのゲーム。

僕は初めて防具を付けてリンクに出ることになった。

同僚から借りた防具。
高いというだけあって、かなりがっちりしてる。
これならいくら転んでもいたくないだろう.


リンクに入る父母は10人。
そのうち、経験者もしくは今もチームに入ってプレイしてる人は7人。
僕を含め3人の父母はゲームしたことすらない。
考えただけですぐにバテるのが予想できる。

さて、それではいきますかっ!

コーチを務めてくれてる某高校の先生が一言。
「え~、大人げなく勝ちにいきましょう!」

うわっ、気合い入ってます。

ホッケーは長男が幼稚園に入ったときからたまに滑りにいくぐらい。
なので、滑れることは滑れます。
だけれど、急ストップ、急カーブはできません…
想像通り、子供たちの急なフェイントにはついていけない。

それにしてもスティックの使い方がこんなに難しいとは。
まず、パックにあたらないのが頭に来る!
僕はレフトといって、右手を軸に左側に添えて持つ方がやり易い。
でも、借りたのはライト。
根本的に間違った使い方をしてるから、うまく扱えないのは当然なんだけど、だとしても難しいもんだ。

ホッケー02


1ピリ20分。
こんなに20分が長いとは…
3ピリにはすでに足が前に出ない。
熱がこもって体が熱いし、なんだか朝食が逆流しそう…

教訓
ホッケーの前は食事はとらないこと。

ホッケー02


ようやくゲームが終了。
もう、くたくたです。
でもほんと、いい運動かも。

夜には納会。
某ホテルで子供たちも交えて食事です。
2次会は大人だけで飲みに末広へ!
普段挨拶をする程度だったお父さん達とも話せて、いろいろと面白い会でした。
こういう同好会の父母会って初めての経験ですが、父母がサポートしないとできないという面があるもんです。
一致団結とまではいかないにしろ、ある程度の意思の疎通は必要ですね。
子供たちの世代が終わればそれで終わりと言ってしまえばそうなんですけど、それでも、いいことは後に引き継いでいくのも父母会の役割なんではないのでしょうか?
僕はあと5年ありますが…あ、長男が卒業までやってるとしてね。でも、次男もし始めたらあと8年もあるか…外で見てるだけというのもなんだか悪い気がしてくる。そんな気持ちのいい父母会に感じられましたね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。