上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マメに更新!

これが今年の目標だったのに…
早くも実践できてません(汗

11月から駅裏にある「アールベルアンジェ」の音響照明操作の依頼を受けてまして、週末に婚礼があるとほぼそちらで仕事してます。
サンピア系列で道東初という最新の機材「デジスポ」ことROBE 300DTを導入したことにより、いままでプランナーさんが照明、音響の操作をしながら全体の指揮を執っていたことが困難になってきたそうで…

そりゃそうだ

僕でも未だにてこずる…

一人で音響、照明(しかもタッチパネル操作だからむちゃくちゃ操作性が悪い)+ムービングライト、デジスポ、DVD、ビデオ再生、他諸々…
以外と大変です。

でも、最近わかったことがひとつ
わかったというか納得したというか…

…地方にプロはいらない…

すごく語弊がある言い方だし、しかも自分へのアンチテーゼともいえる言葉ですが…

逆に言うと

地方に必要なのは「マルチ」に何でも出来る人

なのです。

今の時代、「この道○○十年!」
それが通用しない時代を感じてます。
それはもちろんすごいことだし、僕もそれを目指しているのですが…

実際問題、例えば音響で8万、照明で10万、ステージで10万とかいう予算が組めるのであれば問題ないのですが、ここ数年の傾向として「全部あわせて20万でどう?」とかいう依頼が多いこと多いこと…
それはホームページ制作にも共通していて、
例えばブログを組みたいとか、お知らせ機能を入れたいとかいう依頼を受けて、28万の見積もりを出すと「コミコミで20万にならない?」という感じ。
まあ、安く押さえられるのならそれにこしたことないし、僕らとしてもぎりぎりまで安く出してあげたい。
しかし、そのプログラムなり、制作にかかわる費用は最低限確保しなければ会社としてやっていけない…

まったく同じ状況が音響や照明、まあ「イベント業界」にも起きてるんです
同業者の方たちもこれにはけっこうまいってます

価値をわかってほしいとはいいません
ただ、「音ならすだけでしょ」とか「明るくなればいいでしょ」とは少なくても思っていただきたくない。
それって、すごく僕らは悲しくなってしまいます。
その役割の大きさをわかっていただくために、現場で見せるしかない。
だからといって予算との兼ね合いがある

お金をかければ絶対にいいものが出来る訳でもないですが、物理問題として必要な機材を使わなければ、それをわかっていただけるだけのものが、出せるかどうかは微妙。

…ま、それでもそこそこやっちゃうから、お客さんも「予算がなくてもできるじゃない」と思ってくれるんですが…

そのジレンマを最近感じます。


…で、話をもどしますが…

マルチです
マルチ

マルチ商法ではありません(爆

狭く深くではなく

広くちょい深く

それが出来る人が付加価値をつけて、需要があるんです。

それを今回アールベルアンジェさんで学びました

各種操作の他にさまざまなことに対応しなくてはいけない
いままで音響しかしてなかった僕にはちょっと新鮮で大変

まあ、照明しながら音響やってたこともあるからそんなんでもないのですが、それにしてもこの対応しなくちゃいけない量は、最初戸惑いました。

まだまだ慣れてないところもたくさんあるのですが、はじめてのブライダル業界、ただいまかじってる途中でございます。
スポンサーサイト

がんばろうね~ 頼りにしてますので よろしく
2010/01/12 12:27 |おしづ #-URL[ 編集 ]

マルチ。プロフェッショナルな現場では響きはいいけど、
実際には「いいなり」感があるのが悲しいよね。
でも最近はどのお仕事も価値とか抜きでイエスマンが生き残ってるのが現状だよね。
誰かやれればプロにたのまなくてもいい。。。
このままじゃ社会が衰退していくね。

2010/01/12 12:51 |のりだー #-URL[ 編集 ]

今年も よろしく ネェー

 相変わらず、忙しそうだね~i-184
 
 ブライダルの 音響&照明 。。。素敵な お仕事 だねっ!!!
 大変な事だけど、みんなの幸せのお手伝い ステキな事だねe-466

 今の ご時勢 ねんでも低資金だもんね。 マルチな人が重宝される訳だよ・・・
2010/01/12 21:03 |。yukie。。 #-URL[ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。