上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ数ヶ月考えてた作品を、具体化しようと思う。

今のところ、何かのコンペに出してみるとか、そういう気持ちはあんましないですが…
まあ、NHKがらみでこの前釧路で開催してた「フィルムフェスティバル」にとりあえず出してみようかな。

まだ設定とあらすじ程度で、台本化までは出来てないんですけど、少しずつディテールは出来上がってきてます。
なので、素材とか設定を書きだめするのをかねて、ホームページを作ってみようかな。
それにしても、僕は人物を書くことが出来ません。
一応アニメ…というか…まあ、実写にしちゃうと役者さんたちを確保しなくちゃいけないし、それはそれで結構手間…というか、皆さんにご迷惑をおかけしちまうので…かなり無謀な挑戦だとは思ってるんですけど、アニメの手法を使おうかと…いろいろ思案中ではあるのです…

カットカットごとに、実際にそのポーズで写真や映像を撮って、それに照らし合わせて人物を描いてく…みたいな。
だとしても、キャラの顔はどうやって描こう…
ほんと、絵心がないと困ります。
わかっちゃいるのに、自分でそういう道をつくってしまう…損な奴です。

今日は朝から航空写真の画像を取り込んでます。
舞台は自分の街、釧路です。
もちろん、作品に釧路というワードは出しません。
あくまで、ありそうな街をイメージしてるだけなので。
で、どうして航空写真が必要なのかと申しますと…

ふ、ふ、ふ…
実は街を砂漠化しようと思いまして。

大陸から大量の砂が降り注いで、やがてこの街まで砂漠化。
それが原因で街は大きな穴があき、川沿いの地域は浸食して海に流れ込む。
その大災害の後が舞台のお話です。

それでちょっと使いたいカットがありまして、釧路市全域の航空写真をかき集めてたのです。
かなりの量で、カットにしてだいたい400枚を超えるのかなあ…
まだ全部取り込んでないので何とも言えませんが。
でもこの400枚すべて端端どうしでつなぎ合うわけじゃなくて、結構だぶってるから思った以上に大きな画像にはならないと踏んでるのですが…
しかも、撮影時期が昭和52年。
僕がまだ8歳のときですよ。
美原はまだ開発中で、昭和は湿原の中の時代ですよ。
まあ、一瞬だからいっかな…
どっちかというと、今の釧路川沿いを砂漠化して海に流れてしまった景色を作る方が面倒かも。
実際の絵を加工しようか、一度3D化したのに手を加えるか…う~ん、悩むところだ。

まあ、絵コンテ作ってから考えるとしましょう。

ちなみに航空写真はこんな感じで砂漠の街になっていきます。

まずは素の状態。
DLして端の余計な部分をトリミングして、街だけの部分にしたところ。

sc01


昔の写真なので、カラーバランスを調整して、今の写真ぽく若返らせる。
経年劣化によって、赤と緑って色あせるものなんです。

sc02

浸食したのを想定して、土地を削ります。
当然、橋も倒壊、街も倒壊。
うわっ…こうなったらやだな…

sc03


これに砂を積もらせる。
とりあえずは試しなので、一つ一つレタッチ。

sc04


どのみち砂だらけになるんだから色あせててもよかったんじゃない?
と、自問自答。
左側はなかなかいい感じに仕上がったんだけど、右側はまだ違和感がありますね。
研究の余地大有りだな。
海岸線の処理も甘い。
でも、航空写真でもう少しイラストっぽくするのだからこれでもいいのか?

ま、まあこんな感じでちまちま作り始めることにしました。
ホームページは開設したらとりあえず触れておきますわ。
そっちに作品制作の過程をメインにおくことにします。
さっそく開設するだけ開設してみました。
おそらくPCオンリーの環境です。
http://homepage.mac.com/shucreamworks/Personal1.html

スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。