上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨だよ…
昨日から…

明日の運動会中止だよ。

明後日か?乾くのか?グラウンド…


…と、しとしとしとしとしとしとしとしと…と、雨が降り続けてます。
今も降ってるよ!

あーやだやだ。雨って。

今日は釧路の交響楽団のサマーコンサートでした。

三部構成の三部目はホルストの「惑星」から「火星」「金星」「木星」の三曲を演奏。

これがまた久々に迫力のあるいい演奏を聞くことができました。

あ、いや、いつも迫力のない演奏という意味ではないですよ。
CDでよく聞く演奏に近かったですね。
団員がまとまってるのがわかります。
…てなこと書いたら「いやいや、内部のことはあまりわからないものでしょ」と突っ込みを入れられそうですが…
まあ、実際この団体の内情なんて知るわけないのですから、率直な感想です。

うなりましたね。う~ん…

いいんですよ。演奏が。
もう、そればっかですが。

わかる曲というのもありますけどね。
たしかに1部、2部の曲はあまりききなれてない曲でしたので、感想という換装もいえませんが…

まあ、これが「表現」ということの見本みたいなものだと思いましたね。

説明などいりません。
その場で聞かせてくれたもの、見せてくれたものがすべてであり、それに対しての解説も解釈も不必要なものなのですよ。

理屈でなく「いいじゃん」と思える、見える、聞こえるものが「表現」として成功してることなのです。

来週は第三舞台の鴻上さんが持ってくる「恋愛戯曲」が来ますわ。
「芝居」なんて、表現の最たるものですよ。
「わかる」か「わからない」か「面白い」か「面白くないか」
見たとたんに感じるもの。
それが顕著に現れるものですよね。
自分たちが面白いと思っていてもそれをそう感じない人たちもいるし、自分たちはまだ出来上がってない部分がよかったとアンケートに書かれることもある。
もう、そうなったらなにが基準なのかわからなくなりそう…でしょ?
でも、自分たちが信じる方向でその結果が良くないものだったら、何故よくないのかを考えるべきだし、逆もそう。
答えとか正当論なんて実はありそうでないもんなんだと。
だからいろんな団体や表現者が出るんだからさ。

と、偉そうなことを書いてるが、僕は何もできないんだけどね…

明日は何してようっかなぁ…
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。