上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
演劇部に入ったきっかけは音響の機材を操作できることだったが、劇団の旗揚げメンバーになったきっかけは、第三舞台の「朝日のような夕日をつれて」という芝居のビデオを見せてもらったのがきっかけだった。

それが91年の頃。

95年に札幌で初めての公演を見てきた。

ーあんな芝居をしてみたいー

そう感じたもんです。

台本もスタッフも役者も全力を尽くして、特に役者はスーツを着ながらにして背中まで汗だくで台詞を振り絞って発してる。

理屈抜きで芝居というのはこういうことなんだろうと感じた。

大衆演劇もいいし、静かな芝居もいいし、ミュージカルもなかなか捨てたもんじゃない。
でも、役者がその役をやりきるのにあれだけの運動量を必要とする様に感心した。
勢いだけでも突っ走れるような…
もちろん、そんな簡単なレベルのではないのだけど。

ー 多分、若かったからそういう芝居の方が性に合ってただけなのかもしれないが ー

その憧れや目標としていた第三舞台の芝居がとうとう釧路に来た。

いきさつはどうであれ、釧路に来たことには変わりはない。
純粋に素晴らしいことだ。

で…本番。

…慣れてしまったのか…目が肥えてしまったのか…

話もいいし、役者ももちろんいいんだけどね。

「あぁ、そうそう、第三舞台だわ」

鴻上さんは大体の役者さんにああいう台詞の回し方にするのだろうか?
多分台本がそういう口調になってくような台詞の量なんだろうな…

いかにも!

というしかない。

斉藤慶太君は声質がもったいない。
ややハスキーなんだね。
口の周りでぼやけちゃう感じ。
牧瀬さんは以外にも声量がないんだ。
でもかわいいです。いや、ほんと。
渡部さんと大和田さんと安田さんはいい声してるよね。
それだけで聞き惚れてしまう。

やっぱ中央で活躍してる劇団ですよね。

セットや照明もあか抜けてる。(←やば、素人臭い言い方だった)
というより非常に効果的な使い方をしてる。
無駄な仕込みがないのです。
状況説明や空間設定を限りなく必要最小限なもの、~それは照明であったり、上から降りてくる蛍光灯やシャンデリアなどの小道具だったり~そういったものできちんと世界を隔ててる。
当たり前といえば当たり前の手法なんですが、そこのさじ加減が絶妙なんですね。
例えば小道具。
舞台中央にある2階の部屋へと繋がる設定のスチールの階段(これは大道具ですが←いきなり違うじゃん)とそれとリンクするかのように、ソファーの近くに置かれたテーブルと、食卓の設定の大きなテーブル。
それらもスチールで作られていて実際にはあまりあり得ないもの。
まあ、あればそれはそれでインテリアとしてはいいかも。
しかし、それは劇中で斉藤慶太君とかが、ぴょんぴょん乗り移るので、それぐらい頑丈にしておかないと使えないもの。
そこに普通の木製のテーブルだったら…そりゃ駄目だろうな。

な~るほどね。考えてるわ~

でも、そういう動きがあるから丈夫にしたのか、デザイン上そういう丈夫なものを作ったから、そういう動きになったのかは…まあ、考えりゃあわかるけど。

「素晴らしい芝居」には違いがない。

01年に第三舞台は10年間の封印となったけど、開封まであと4年。
4年後には第三舞台での公演もきてほしいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。