上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0725

行きは自転車、帰りはそれを押してウォーキングで最近通勤してるわけだが、歩いてる間の小一時間はいつも不思議な感覚に襲われる。
襲われると書くとなんだかその感覚がいやなふうに思われそうだが、そういうわけではない。

前にも書いたことがあるが、歩いているといろんなものが見えてくる。
建物や道路や街路樹や人。
車だと通り過ぎていくものばかりなのに、歩いているとそのすべてが目に入ってくる。
それは車に乗るようになってから、だんだんと忘れていった大切なものに思えてくる。
みんなそこにあるのに、忘れられていくような。
それは個が個を見ようとしなくなることで希薄になっていく今に似てる。
スピードが速くなるにつれて自分の世界だけ確立し始めてコミュニケーションがうまくいかなくなってる状態。

ああ、こんなんだからなんか今の世の中っておかしいんじゃないのかな…

そう思えてくる。

深いなあ、ウォーキングって…

汗をかき始めるとこんなことも感じる。

汗と一緒に自分の中の「業」が出て行く。
なまじ35年も生きていると、多かれ少なかれ忘れたい過去や、やり直したいことだってある。
その「後悔」とか「自責」とか「不満」が汗と一緒に流れてく…

…気がする。

もちろん、家に帰ってシャワーを浴びればいつもの自分に戻ってるわけで…

でも、積み上げた「業」はどんなにあがいたって綺麗にすることはできない。
だからこそ「人生」っていうものが成り立つ。

…ような気がする。

人生、やり直しはきかないけど進むべき道はいくらでもあることに気がついた。

…歩いてる時間って、思慮深くなるもんだ。
スポンサーサイト

私も同じこと考えてた時期があった。
札幌に居た時はチャリで50分かけて稽古場まで通ってた。
一本裏に入ると今まで見たことない景色でレアな店とか発見が色々あった。
いつも通る道でも車とチャリでは景色がエライ違う。
すげー楽しくって、すげー色々考えて‥。
ワンコの散歩が出来るようになったら、また色々考えられるのかな‥。
2006/07/26 23:33 |るぴこ #-URL[ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。